在宅看護に興味があります。入院中の患者さんと在宅の患者さんって大きく何が違うの?在宅の方が患者さんとの人間関係が大変だと聞きますが・・・。

在宅看護に興味があります。入院中の患者さんと在宅の患者さんって大きく何が違うの?在宅の方が患者さんとの人間関係が大変だと聞きますが・・・。

pixta_4318862_S.jpg
患者さんの中には、在宅看護を受けられる方々がいます。

急性期であれば病院の受け入れも可能ですが、慢性期になってくると、受け入れが難しくなってきていますよね。

慢性期であっても医療を必要とする患者さんも多く、施設に入所出来なかったり、在宅を希望されている場合、在宅医療を受けながら過ごされる患者さんもいます。


在宅で過ごされる患者さんは、入院患者さんよりも症状が軽いかと言えば、そんなことはありません(´・Д・)」

病気の重症度や症状の重さに関係なく、在宅で医療を受けたいという意思を患者さんがもっていて、それを患者家族が支えてくれるのであれば在宅医療を受けることができます。

在宅医療を受けるには、医師や看護師、介護士の連携が必要になる場合もありますね。

症状が軽く、家族だけで看病できる場合は、主治医の往診と訪問介護でも大丈夫ですが、医療面の濃い患者さんは訪問看護も必要になります。

最近は、その訪問看護で結構看護師が難儀しているんですよね(;´Д`A

病院では、病院のルールの中で看護師は働いています。

しかし、在宅の場合はそれぞれの家庭のやり方に合わせた看護が必要になるんです。

看病をしている家族も、自分の大切な家族のことですから、病気に対する知識をよく勉強している家族もいますし、自分たちのやり方というものが確立されていたりするんですよね。

だから、看護師もそれに合わせなくてはなりませんし、家族が不信感を持ったり、看護師のやり方が気に入らないと、すぐにクレームにつながるんです>_<

看護師と患者さん、患者家族の信頼関係を築くのも難しく、若いというだけで信用されなかったり、苦労していますね。

玄関に入ったところから家族のチェックが始まったり、看護師も気を使っています。

看護師の手技もよく見ていて、ちょっとでもやり方が違うと、そこで信頼関係が壊れてしまったり...なんてこともあります。

看護師も病院であれば自分のフィールドですが、患者さんの自宅となると、自分のやり方が通用せず、各家庭のやり方に合わせるのも容易なことではありませんね(u_u)

看護師派遣の評判

2015年1月25日|