ガンにだけはなりたくない、ボケるのだけは嫌・・・。

ガンにだけはなりたくない、ボケるのだけは嫌・・・。

pixta_9737155_S.jpg
人は生きていると、様々な病気にかかりますよね。

産まれてから成長するまでの間に、色々な感染症にかかり、体に抗体をつけていきます。

人は、病気をすることで身体を強くしているそうですね(^o^)

だから、病気をすることにも意味があるって言われます。

しかし、それは病気の種類にもよりますよね。

癌だとか、生活習慣病だとか、認知症だとか...生涯付き合わなくてはならない病気や、命に関わる病気には絶対になりたくありませんよね(;´Д`A

癌は発見が遅れると、突然余命宣告されたり、手術で取り切れたとしても、生涯転移の不安がつきまといます。

癌による酷い痛みや、抗がん剤による副作用など、恐ろしい病気なのに、原因も様々な要因があるから、100%の予防は難しく誰もが恐れる病気ですよね。

また、生活習慣病も合併症を引き起こし、致命的になり得る病気ですし、合併症が引き起こす疾患は大病となりますから、絶対にかかりたくないって思います(T ^ T)

認知症など、徐々に記憶がなくなり、家族や友人のことも忘れ、異常な行動を起こしたりと、健常者から見れば到底理解の出来ない病状に、絶対自分はボケたくない!と思っている人も多いですよね。

やはり病気は、誰しもかかりたくはないし、もし病気になったらどうしよう...と不安に思いながら生活している部分があります(・_・;

しかし、病気になりたくないと言うわりに、普段の生活ってどうでしょうか?

不規則な生活、美味しければいいと体には良くない物を取り入れたり、暴飲暴食をしたり、毎日浴びるように酒を飲んだり...。

そんな生活をしながら病気にはなりたくないなんて、ちょっと都合がいいですねf^_^;

中には、
「俺は病気になったって構わない。好きなことをして、好きなものを食べて死ぬんだ!」
なんて大口を叩いている人もいます。

しかし、そんな人ほど死を目前にした時、
「俺はまだ死にたくない!」
と、平常心を失うほどに取り乱しますよね。

そう、そして誰しも死を目の前にして始めて、自分の乱れた生活を恨めしく思うのです(。-_-。)

あ〜、なんで自分はこんなにも不健康な生活をしてしまったんだろうか?
この病気は、防ごうと思えば防げたのに...。

そう思った時は、もう遅いのです。

病気はなってからでは予防出来ないのです(´・Д・)」

健康だからこそ、健康のありがたみに感謝し、病気にならないよう心がけた生活を送ることが大切なんです。

みんなが、病気にならない努力をして、生活習慣病など予防出来たら、日本の医療費もどれだけ減少することでしょう。

病気を予防することで、楽しい生活を送ることができ、有意義な老後を送り、日本の経済も潤う...。

日頃からの心がけが、人生を変えますよ‼︎d(^_^o)

2014年12月17日|